FC2ブログ
遊星
ぐるぐる巡って、あっちを見たり、こっちを観たり・・・。 遊星 Since Jan. 2006
プロフィール

 鉄

Author: 鉄
      Kojima Tetsuo
      JR1LGP
      慢慢的!快快的!
천천히 ! 빨리 !

小惑星14501Tetsuokojima

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

現在の時刻


ブログパーツ配布部屋

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西域シルクロードの旅 7日目 西安 160628
この旅の最後は西安、かっての唐の都、長安。
シルクロードここから始まります。 西域への入り口、国際都市。
見どころはたくさんあります。 もう完全に観光旅行の一日でした。

空海らが学んだ青龍寺に建つ空海記念碑。 日本人が建立したそうです。
平安時代の初期、空海(弘法大師)はここまで来たんですね。  最澄ら他の学僧も。 
憧れの長安だったのでしょうね。

IMGP0311160628.jpg


大雁塔。 慈恩寺というお寺の境内に建っています。 天竺(インド)から仏教経典を持ち帰った玄奘三蔵が翻訳し
その経典を納めるために建立されたそうです。
入場料を払ってこの大雁塔に登りました。 最上階まで木組みの階段を上ります。

IMGP0313160628.jpg


最上階からの眺めです。 四方全部が見渡せます。 写真は一枚だけアップ、寺の入り口方向です。
IMGP0316160628.jpg


次は兵馬俑坑へ。 左のかまぼこ屋根が兵馬俑坑博物館。 右の展示館も見学しました。  
IMGP0325160628.jpg

テレビなどで何度も見ていますから格段の感激というものはありませんでした。
IMGP0327160628.jpg

IMGP0368160628.jpg

この近くには樹木の生い茂った標高の低い山々がありました。
これだけの兵馬俑を焼成するのにどれだけ薪が必要だったのかと思いました。
この山々がはげ山になるほどの薪を必要としたのではないかとも思いました。
中国の人たちはやることが大きいですね。 万里の長城、漢の長城、、、。


夕食は餃子でした。 おいしかったですね。 私は中華料理が大好きで飽きることがありません。 
IMGP0372160628.jpg


夕食後劇場で歌舞ショーを楽しみました。
敦煌でも歌舞ショーを楽しみましたが、ここ西安のほうが洗練されていたように思いました。
IMGP0378160628.jpg


さてこれで今回の西域シルクロードの旅が終わりました。
あまりにも盛りだくさんの経験をしたものですから、思い出すのもたいへんでした。

西域の空間は広大でした。 そのなかに身を置く感覚には他では味わえないものがあったと思います。
何千年も変わらない広大な景色の中に身を置いていたのかもしれません。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://littleisland.blog39.fc2.com/tb.php/1916-2b1d4f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。