FC2ブログ
遊星
ぐるぐる巡って、あっちを見たり、こっちを観たり・・・。 遊星 Since Jan. 2006
プロフィール

 鉄

Author: 鉄
      Kojima Tetsuo
      JR1LGP
      慢慢的!快快的!
천천히 ! 빨리 !

小惑星14501Tetsuokojima

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

現在の時刻


ブログパーツ配布部屋

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西域・シルクロードの町を訪ねた   20160703 Sun.
6月22日~29日、中国新疆ウィグル(ウルムチ、トルファン)、甘粛省(敦煌)、陝西省(西安、かつての長安)
へでかけました。 この辺りは世界でもっとも海から遠い地域。 シルクロードは西安(長安)が出発地です。
西安はここ群馬と同じような気候でした。 湿気もあり汗を拭かなければなりませんでした。
ウルムチ、トルファン、敦煌は砂漠の中の大オアシス都市でした。 
町の中心を離れるとすぐ砂漠が見えてきます。

砂漠を堪能しました。 気候の良い時期だったようです。 日差しは極めて強いのですが爽やかでした。
砂嵐、酷暑(40℃~45℃)、酷寒(-15~ー30℃)が嘘のような爽やかさでした。

旅の様子を思い出しながら記憶の整理をしたいと思っています。

とりあえず、出だしの記事を書きます。

これは3日目のトルファンでの一コマです。

高昌故城。 5世紀から7世紀にかけて栄えた西域・高昌国の遺跡の一部です。
西暦629年長安を脱出した玄奘三蔵が高昌国に滞在した折、仏教の教えを講義した建物だそうです。
ここに玄奘三蔵(三蔵法師)がしばらく滞在していたのですね。 西遊記の世界ですね。

建物はすべて日干し煉瓦でできています。 

IMGP0126160624.jpg



高昌故城遠望。 土で作られた街です。 風と砂塵による風化。 それでも千数百年を経て面影を残しています。

IMGP0117160624.jpg


砂漠の植物。 タマリスク、ラクダ草、もう一つの種類の名前は忘れました。
写真に写っているのはラクダ草と思います。 長いとげをもつ草でした。
砂漠ではこの3種類の植物しか育たないそうです。 
このあたりには地下水脈が残っているようです。


出だしの記事はここまでとします。
いまになって思うのは、メモをとればよかったな、ということです。
まあ、これまで旅行中にメモを取ることなどしたことがありませんからしかたありません。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://littleisland.blog39.fc2.com/tb.php/1905-58c4617c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。